40代男性が使うべき転職エージェント

40代男性におすすめの転職エージェントBest3

40代男性におすすめの転職エージェントBest3は、以下のとおりです。

1位は、「リクルートエージェント」。
リクルートが運営している、大手の転職エージェントです。
30年以上の歴史があり、採用を任せている企業も多いため、求人数は業界最大です。
また、応募したい企業の詳細な情報が記載された「エージェントレポート」を作ってもらうこともできます。

2位は、「パソナキャリア」。
同名の総合人材グループが運営しているエージェントです。
求人数は2万件以上で、大手からベンチャーまで幅広い企業の求人情報を持っています。
また、業界ごとに専任のコンサルタントを置いているので、求職者に合わせたサポートが可能になっています。

3位は、「DODA(デューダ)」。
株式会社インテリジェンスが運営しているエージェントです。
全国展開しており、求人を開拓する営業も数百人規模で抱えているため、相当な数の求人情報を持っています。
また、年収の交渉なども行ってくれます。

40代だと転職エージェントに登録を断られることもある?

40代だと転職エージェントに断られることもあるかと心配する人もいますが、その心配は無用と思っていいでしょう。

確かに、転職する場合は、若い世代の方が有利ですから、30代の人と競争ともなれば不利なことは間違いありません。
しかし、少し前までは、50代の求職者がたくさんいたのですが、多くの人が転職エージェントにも登録し、無事に就職して行きました。
今は、特定の業種などに偏りも観られますが、求人が多くなっています。特に中小企業では人手を欲しがっていることも事実です。40代は働き盛りであり、男性であれば、先に述べた50歳に比べて、食指が動くほど欲しいという企業があるのです。

一社に断られても登録できるエージェントはあるので、根気強く探してみることをおすすめします。いずれにせよ、転職活動はできれば短期決戦で行きたいものです。1つのエージェントだけでは求人件数や業種も限られるので、複数の転職エージェントに登録してうまく併用することが転職活動をスムーズに進めるポイントです。

出典:40代向け転職エージェント29社を男性・女性別ランキング

ただ、注意したいには、転職エージェントという企業は、マッチィングしてなんぼという世界ですから、売れそうもない求職者は売れそうな人の後回しになることもあり得ます。
したがって、まずは自分のセールスポイントなどをしっかり整理し、補うものは補って、臨むことが肝要です。

リクルートエージェントは40代でも登録できる?

リクルートエージェントは、40代であっても、簡単に登録をすることが出来る転職サイトのひとつとして、ここ数年のうちに人気が高まっています。

特に、男性向けの転職エージェントの選び方については、一般の求職者からの注目度が高まっており、いざという時に備えて、より多くの人々の体験談に目を通しておくことが良いでしょう。
現在のところ、利用価値の高い転職エージェントの契約方法に関して、ネットユーザーの間でしばしば意見のやり取りが行われることがあるため、常日頃から納得のゆくまで情報収集をすることがおすすめです。

また、40代の男性にぴったりの転職エージェントの利用価格については、それぞれの業者のシステムによって、大きなバラつきが見られることがあるため、まずは成功者からアドバイスを受けることが有効です。
その他、転職エージェントの活用術を覚えるために、早いうちからいくつかの求人の勤務条件をチェックすることが大事です。

パソナキャリアは40代でも登録できる?

パソナキャリアは、40代の男性の間で人気のある転職エージェントとして知られており、今や様々なメディアで特集が組まれることがあります。

もしも、転職エージェントの利用の仕方についてわからないことがあれば、それぞれの業者の公式ホームページやカタログなどを使いこなすことがおすすめです。
また、なるべく多くの利用者の体験談に目を向けることによって、短期間のうちに役立つ情報を仕入れることが可能となります。

大手の転職エージェントの使い勝手の良さに関しては、男性向けの情報誌などで度々ピックアップされるようになっており、空き時間を利用しつつ、必要な知識を身につけることが良いでしょう。
転職エージェントの仕組みを理解するためには、ある程度の時間が掛かることがあるため、同年代の人々からアドバイスを受けることが有効です。

その他、40代の男性にぴったりの求人情報の選び方をマスターすることが重要なテーマとして挙げられます。

JACリクルートメントは40代でも登録できる?

団塊の世代が労働市場から去って消費世代になった結果、日本の労働力は余剰から一転して深刻な人手不足に陥りました。終身雇用はもはや有名無実化し、日本の各企業は年功給与体系を見直して成果主義に大きく舵を切った結果、転職市場の35歳限界説は消滅しました。

また、若年層は会社に隷属を嫌い私生活を優先します。そのような隙間にいるのが40代であり、この世代が社会に出たときは「就職超氷河期」と言われ、男性でも正社員になれずに大量に非正規雇用を余儀なくなれた不運に見舞われています。しかし景気が回復した今日、この世代の採用を見送った過去のツケが「社内の年齢構成がいびつになる事象」が顕著になってきています。つまり職場には50歳代以下の若手か50歳以上のシニアしかいない状態です。

このため、各企業ともこの年代層のギャップ、つまり40代でキャリアを積んだ人材を募集しています。このため各転職エージェントも大きく宣伝はしていませんが未公開案件で40代の求人案件を依頼されるケースが増えており、業界最大手のリクルートエージェントでは40歳代の登録を開始しております。

転職市場にニーズがあるので同業の転職エージェントのJACリクルートメントでも登録は開始されています。しかし求人者側の求めるスペックが細かい傾向にあるため、登録は可能だけど職業紹介に結び付くかは登録者のキャリアが左右します。